お知らせ

新型コロナウイルス感染症予防のための取組みについて

いつも名阪近鉄バスをご利用いただき、誠にありがとうございます。
当社では、新型コロナウイルスの感染症予防に最大限配慮し、お客様に安心してご乗車いただくための下記の取組みを行ってまいります。

1. 乗務員には出勤前(自宅)・出勤時(会社)に2回体温チェック、こまめな手洗い・うがい及びアルコール消毒の励行と乗務中のマスク着用をいたします。

c3

2. 観光バス・路線バス・高速バスの全車両では手すりなど消毒を実施しております。

c6

3. 観光バス全車両には消毒液を設置していますのでご自由にお使いください。

c7

4. 車内換気については装置(外気循環・プラズマクラスター)を備えている車両は常時作動させ(外気導入モードにて5分で車内の空気が入れ替わります)、その他の車両では、一部窓を開けての運行や駐車時に乗車扉等を開けて車内換気を行行っております。

c11

外気循環モード作動中(車内)
外気循環モード作動中(車外)

5. 運転席と客席の間には、感染防止シールドを設置しています。
※マスク着用・感染防止シールドの設置により、夏場の運転席周辺の温度が上昇することが予想されます。乗務員の体調管理上、夏場に関しては一層のクールビズの取組みとして脱帽とさせていただきます。
運転席シールド

運転席シールド



公共交通機関における感染予防にご理解とご協力のほどよろしくお願いいたします。