女性活躍推進法 一般事業主行動計画等について



平成28年4月
名阪近鉄バス株式会社


女性活躍推進法 一般事業主行動計画等について
社員に占める女性の在籍比率を増加させるため、下記のとおり行動計画を策定する。


  • 計画期間
    平成28年4月1日~平成33年3月31日(5ヵ年)
  • 当社の課題
    (1) 運転士職においては、男性中心の印象が強く、女性の応募者が極端に少ない。
    (2) 女性総合職においては、バス会社のイメージが先行し、仕事内容が想起されにくい。
  • 目標及び取組内容
    【目標1】年間の採用者に占める女性比率を運転士10%、総合職(新規大学卒等)25%以上にする。
     (取組内容)①会社説明会等では、女性社員が同行し、実際の職務経験を踏まえた説明を実施する等、
            業務理解度の向上を図るとともに、積極的にPRする。
           ②入社案内や採用ホームページを中心に実際に活躍する先輩女性社員を掲載する。

    【目標2】女性運転士の採用を強化し、在籍者数を現状の6名から12名以上に増員する。
     (取組内容)①先輩女性運転士との座談会等を含む会社説明会を開催し、積極的にPRする。
           ②ライフプランに応じた勤務メニューの整備・運用を検討、実施する。
             ・地域限定募集
             ・特定勤務時間
           ③インフラ等の職場環境を整備する。

    【目標3】女性社員の定着率の向上を図り、在籍者数を現状の133名から10%以上増員する。
     (取組内容)①離職を抑止するため、就業を支援する制度整備・運用を検討、実施する。
             ・時短勤務期間の延長(子供が3歳に達する年の年度末まで)
             ・身分転換制度
           ②管理職・監督職を対象に定着率向上、業務意欲向上及び能力開発等を目的とした研修を
            実施する。
             ・目標管理研修
           ③出産・育児・介護・配偶者の転勤等の理由により退職した社員を条件により再雇用する
            制度を導入する。(ジョブリターン制度)
以上

女性の活躍の現状に関する情報公開

平成28年2月29日現在

①採用した労働者に占める女性労働者の割合(正社員)
 31.1%
②男女の平均継続勤務年数の差異(正社員)
 79.2%(男性:10.6年、女性:8.4年)